セレクション【選ばれる側から選ぶ側へ】

   

現役で選手の方はもちろん選手だったかたは今までセレクションやチームへのトライアル・練習参加、各種トレセンから各地方選抜へ、ナショナルトレセンから日本代表へ

などなど

選ばれる立場である選手側の立場の方はブログの読者の方には多いのではないのでしょうか??
選手たちの様子。



パリサンジェルマン・セビージャからオファーを受けた三原スーパーバイザー、代理人仲介人、プロキャリアのサポートを隔てる弊社ZERO ONE代表の池田の話をきく選手たち。


ウォーミングアップでコーンを使ったステップとドリブル。
ここでは身体が動くようにするのが目的でプレイの評価はしていなのに初のセレクションの選手も多く動きがガッチガチ💦

ウォーミングアップより試合しか見ないから大丈夫といったらみんな肩の力が抜けていました、日本人って感じでしたね。。。

試合はOXALAコーチ陣も積極的に選手の和に入りましたが選手だけでしっかり話あったりとぼくらのときなんかより大人なサッカーで考えや思考も選手はピッチの中では大人だと感じました。

今回私は選ぶ側でもあり選ばれる側でもありました。

私のスクールに通ってくれている選手たちが評価され選ばれ私も選手を選ぶ立場にあります。

評価は自分ではできません、周りからの評価がシビアでリアルです。

選手の評価にもちろん私も喜怒哀楽と悔もありです。

選手の頃、自分は何が評価されていて契約、合格にしてもらえたか?何が評価されたけど何が気になるウィークポイントだったか??これからどうしたら良かったか??
セレクションではそこまで選ぶ側から伝えてもらったことは一回もなかったですが任意で選手、保護者様に今回スタッフの評価やプレイの面の良しあしを伝えさせていただいています。

外にでないとわからないことはたくさん。外に出る前にまずはチャレンジしたいという気持ちがないとはじまらないですよね。

チャレンジしないと何も得られない。

オシムさんの言葉で失敗には3種類あると

【挑戦して失敗する失敗】

【挑戦して失敗に気づかない失敗】

【何も挑戦しない失敗】

挑戦しなければ成功の経験は積めないですよね。

挑戦して糧になることはたくさんです。

コツコツ頑張ります。

 - ブログ